戦時中海軍で活躍した日本の癒しの術

日本生まれのヒーリング。
世界各地に伝わる「お手当療法」の日本版。
戦中には海軍の軍医で活躍しました。
体の内から癒やされたい方に。
お体に手を当てていきます。

古来よりの、「山や自然は神さま」との古神道の癒しの手技。
怒るな。心配するな。感謝して。業を励み。人に親切に。
心身の健康を目指します。

第二次世界大戦中の海軍軍医を中心に活躍、発達しました。
敗戦後政府の方針によって弾圧され、日本からは姿を消してしまいました。
薬を使う西洋医学を推進する為、日本の伝統医療は弾圧の対象でした。

しかしハワイを経由して受け継がれ、レイキヒーリングとして世界に広まっていました。
日本では馴染みが少ないものの、世界では保険適用される代替医療として使われています。

力の源である『血』が巡ってポカポカします。

西洋レイキヒーリング(国内のレイキのほとんど)

臼井甕男(創始)→林忠次郎(直弟子)→高田ハワヨ(ハワイ)→Reikiとして世界へ。→近年日本へ→私

直傳靈氣

臼井甕男(創始)→林忠次郎(直弟子)→山口千代子(直の継承者発見!)→山口忠夫(子)→私(京都へ)

西洋レイキを知ってのレイキの良さを知りました。
日本でそのまま受け継がれていた直傳靈氣の存在を知り、京都に飛びました。