肩こり五十肩の方必見。体が硬くなるある習慣。

見るだけでわかる。あの位置の癖

長年、肩回り、首が辛い方。
いつも肩がこっている方。
背中がバキバキ。

あなたはどうですか?

じつは、長年そういったお付き合いされている方って、体を触らずに、見ただけでわかるのです。

その見た目の特徴とは。。

●口角が下がっている。

●顎が梅干しのようにふくれたり、ぶつぶつしている。

●下の歯が、がたがた。

どれかひとつでも当てはまったら要注意!


この見た目のある方の体は、
●口呼吸、又は呼吸が浅い。
●胃腸が弱い。
●ストレスに弱い。

こんな特性があてはまる事がおおいです。


いったい何が原因なのでしょう。


答えは、舌の位置です!


起きている状態で、舌が下の歯につけている方の特徴です。
正しい舌の位置は、上の歯の裏です。

鏡の前で、舌をべーっと出してみてください。
舌の側面、がたがたと歯の痕がついていませんか?
歯の痕がついている方は日常下につけている可能性がとても高いです。
歯痕舌(しこんぜつ)と名前がついています。



では、なぜ上の歯の裏に舌をつけるのが正しいのか。
舌はすごく大きく、強い筋肉です。
ボスです。

このボス、すごい働くのです。
体の一番上に頭がありますよね。
これってすっごく重たいのです。
ボスをきちんと上につけていることによって、なんとこの重さを支えてくれる役目があるのです。
ボスすごい!

しかし、これが下にあると、、、
ボスさぼってしまうと、、、
でも頭重たいのある。。
どうする??

下々のかよわい筋肉が頑張らなければならないのです。
首回りさん、肩回りさん、デコルテ回りさん、腕回りさん、背中回りさん、その他もろもろ。
みんなボスほどちからないので、めいいっぱい頑張らなければなりません。
がんばって力まないと支えられません。
ぐっと、力を入れて、筋肉さんたち、収縮して固くなります。

自然と、頭を支えるために、体がかたくなります。
ボスさえうごいてくれれば。。。


筋肉が固く収縮するという事は、中に入っているホース上のものが潰れます。
血管、リンパ管等。
栄養行きづらく、疲労物質や疼痛物質も回収されにくい。

くしくも、冷えて、固い状態が慢性的に続いてしまうのです。

呼吸や内臓の関連はまた今度。

お体のお辛さ、お気軽にご相談ください。










コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA