おーりとーりの風

恐怖などの強い感情が与える体への影響

私の手です。

久々に湿疹がでてしまいました。

いったい何が原因なのでしょうか。

実は、とある強い感情が原因です。

それは

「恐怖」です。

少し前の事。

なんと間近で、飛び降り自殺の瞬間に遭遇してしまいました。

以下衝撃的な表現苦手な方別の記事をお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飛び降りる前の、「おーい。おーい。」という周りへの呼びかけの声。

地面についた衝撃音。

倒れてあり得ない方向に曲がった足。

その瞬間に立ち会ってから、

体がずっと冷えを感じている状態になってしまいました。

そして、湿疹。

声、音。映像。

頭にずっとのこっています。

また、かなり街中で、

しかもよく通るところ。

ここで飛び降り自殺!?と思える場所です。

そんな札幌市内の、すごく目立つところで、

周りの注目を集めての自殺。

なのに、一切報道に乗りませんでした。

北海道の自殺者、年間1000人前後。

命を捨て、目立つことをしても、だいたい報道されないのです。

会社や学校に原因なのであれば、

「行かなくてよい」

という選択肢を思い出してもらえれば。。

強い「恐怖」などストレスをを感じると

脳の偏桃体から「ストレスから対処せよ」と命令が出ます。

すると、腎臓の上にある副腎から ストレスホルモン

コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリン、の分泌がされます。

ストレスと戦うために、血圧をあげたり、血糖値をあげたり。

体が戦ったり、守ったりする交感神経が優勢になります。

しかしそのために、自律神経のバランスが崩れます。

そのために、免疫機能の低下を起こしてしまいます。

体に冷えを感じ、やる気も出ず、免疫の弱いところが浮き彫りになります。

それが、この湿疹です。

東洋医学では「恐」という感情は「腎」に影響すると言われています。

これは体の働きで、体の体温をとどめたり、肉体的かつ精神的な症状を司どる役目があります。
免疫系にきてしまったなと思った出来事でした。

心が本当につらいときは、原因から離れてみてください。
躊躇せず、病院で診察を受けても大丈夫です。
原因から離れても辛さが変わらない場合は、鍼をお試しください。
鍼で救えるつらさもあります。

ご冥福をお祈りいたします。

この記事だけ読むと暗い気持ちになってしまうので、よかったらこちら「ケンタッキーを食べると幸せになる理由」もお読みください。

コメントを残す

CAPTCHA


メニューを閉じる
×
×

カート