鍼って何?マッサージやもむのとの違い。動画

30秒で説明してみました。

鍼の定義
鍼術とは、一定の方式に従い、鍼をもって身体表面の一定部位に接触または刺入し、生体に一定の機械的な刺激を与え、それによって怒る効果的な生体反応を利用し生活機能の変調を強制し、保険及び疾病の予防または治療に広く応用する施術である。

代表的な作用

調整作用

組織、機関に一定の刺激を与え、その機能を調整する。
機能減退に対して、校風させ、疼痛部位は鎮静させる。

誘導作用

患部の血管に影響を与え、充血を起こして血量を調整、誘導する。

鎮痛作用

内因性鎮痛物質であるモルヒネ様物質を作用させる。

防衛作用

白血球やマクロファージを増加させて整体の防衛機能を強化する。

お灸の作用

赤血球、白血球に作用し、血液凝固時間の短縮、循環器に作用する。
増血作用、止血作用、強心作用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA