人生で役に立つ陰陽論(5)嫌になってしまった時に。

陰陽はある視点から見た状態を表す。
視点は常に変わる。
エネルギーはくるくると変化します。
混ぜると新しいものが生まれます。

(1)〜(4)まではそういった感じですね。

では、生きていると、良いコトも悪いコトも必ずあります。
これを陰陽で、人生全体として見るならば、どういう状態になるでしょう。

まずは、小さい視点で見た場合。
例えば『今』起きている嫌なコトだけに視点を当てたとしましょう。
事故や怪我、病気、人間関係。
いろいろあるのではないでしょうか。
それらは、ただただ嫌な出来事でしかないかもしれません。

大きい視点に変えてみましょう。
地球規模で考えれば、大したこと無いのかもしれません。

視点を未来にずらしてみましょう。
大きな怪我や病気は、仕事を変えるきっかけになったり、
経験や、怪我をしなければ出会わなかった人もいるでしょう。
病気をしたからこそ、見えたものもあるのではないでしょうか。
離婚を経験した方が離婚専門のカウンセラーになったりなど、経験を活かしたりとありますね。

人間関係
その時の人間関係で、強くなったり、同じ境遇の人を助けてあげられる力がついたのではないでしょうか。

小さな点のみで見れば嫌なことも、視点をずらせば必ず変わるのです。
昔悩んでたことって、実は糧になっていたり、変化や人との出会いのきっかけになっていませんか?

長い人生で見ると、糧や変化のきっかけであるのです。
よくなる為のものだったりします。
変化のラッキーチャンスなのです。

そこに気づかず、小さな視点だけで見続けてしまうのは、とってももったいないのです。

悪いことが起きた!どんな可能性が生まれるのか。
悪いこともわくわく楽しみましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA