東洋医学は心へのアプローチができる事、知っていますか?

想像してみてください。

あなたは、めちゃくちゃ怒ってます。

ちょっと、嫌ですが、最近の嫌な事を少しだけ思い出してみましょう。

 

 

…….

 

 

 

 

心臓の動きが早くなって、顔が熱くなり、

体の過敏な方は、肩や背中に突っ張りやお腹に不快感を感じませんでしたか。

姿勢は前のめりになったり、傾いたりしませんでしたか。

無意識に歯を噛み締めていませんでしたか。

 

体と心は密接に連動しているのです。

 

この嫌な状態が続くと、主に背中やお腹を中心に、体が硬くなります。

具体的に言うと、筋肉に力が入った緊張状態が続きます。

 

ぎゅっと、握りこぶしを作ってみてください。

筋肉の長さが縮まって、太く、硬くなりますよね。

あの状態が、背中やお腹の筋肉に現れてしまうのです。

 

 

怒りが収まったものの、背中の筋肉が硬く緊張したこのぎゅっとした握りこぶし状態が長く続いたとしたら、どうなるでしょう。

 

筋肉にはホース状のものが沢山通っています。

血管、リンパ管、神経、、、

 

想像してみてください。

ぎゅっと硬く縮まった筋肉の中を通っている弾力のあるホース。

中身はうまく流れるでしょうか?

おそらく、ちょっと厳しいですよね。

 

特に背中には、体前面にあるお腹、内臓に栄養を送ったり、指示を出す神経が通る重要な場所です。

背中が硬くなってしまうと、体のメインシステムである、臓器の動き、バランスが悪くなってしまうのです。臓器を動かすために必要な血流や指令を阻害してしまいます。

 

 

そして、お腹や背中は自律神経のにとって、とても重要なところ。

ここが硬いと、自律神経のバランスも取りにくくなり、イライラしやすくなったり、気分が落ち込みやすかったりしてしまいます。

 

そう、逆に、お腹と背中をしっかりと柔らかい状態にしてあげれば、

自律神経のバランスが整い、

内臓にも栄養も指令もしっかり働き、

心も安定してリラックスできるのです。

 

こうして、体を緩めることによって、心も落ち着きます。

東洋医学、鍼灸では、主にお腹と背中の緊張を緩めて、

内臓の働きを正常に近づけ、体のバランスを整えます。

 

一度、仰向けになって、お腹を触ってみてください。

 

硬かったり、冷えていたりしませんでしたか?

体から何らかのサインは出ていたでしょうか。

もしかして、もうすでにサインから不調を感じていませんか?

 

そんな方は是非メンテナンスすることをお勧めします!

 

少しでも興味が持てた方は、他も見て頂けるとしていただけると嬉しいです^^

小出しにネタを投稿しますね!

片付けられないのは病気?発達障害?勿体ないの考え方を変えてみたら変わった。(1)

『もったいないオバケが出るよ〜』

チーン

 

 

こんなCMがありましたよね!
日本は古来より物を大切にする文化が根付いています。
『mottai-nai』モッタイナーイ!
素敵な言葉ですよね!
子供が1才なる前くらいに大人のADHD診断が出たikuです。
私も物を大事にし、お米も一粒も残さない子供でした。
しかし、物を大切にする故に、部屋が物で溢れかえるのです。
片付けられない子に、日本の良き教えが、難易度をあげます。
ADHDの子が、片付けられない理由は幾つかあります。
1、片付けている途中で、他の片付けものが気になって別の事をしてしまうので終わらない。
2、片付けようと思って手に取ったものの、定位置がない為、困って元に戻す。
3、物が多く見ているだけでキャパオーバー、それだけで大混乱。
自分は上の三つが原因だったと思います。
3、『捨てるのは、mottai-nai』
という精神が根付いているので、中々解決しません。
しかし、ものの質量が減れば、3番が解決すれば、1も2も、解決しやすくなるのです。
自分は『mottai-nai』の主役を『物』から『自分』に変えてあげる事で上手くいきました。
ここにこんなに物があるのは『mottai-nai』
見た目が美しくなくて『mottai-nai』
スペースが『mottai-nai』
靴はメイン一足、レインブーツ一足、サンダル2足。冬靴(雪国使用)一足。
箱に入れた冠婚葬祭用一足。
「履くのか?」というのは全部処分してしまいました。
靴下はユニクロの黒い靴下3足だけです。
捨てるより売れば、、と思う事もありました。
でも、そうすると余計な作業が増えて、進まないのです。
リサイクルショップで売っても数百円。
作業と時間の割に合わない、、、
古本は業者さんにまとめて500冊ほど取りに来ていただいて3000円ほどになりました。
これは持っていく手間も省けてまぁまぁよかったかな。
まめにメルカリでって手もありますが、これはよっぽどすぐ売れて高値になりそうなものだけにしました。
ばんばか捨てたら、すごく生活がしやすくなりました!
それでもまだまだ物が多いのですが、、
片付けの本は幾つも読みましたが、どれも『収納方法』しまい方がメインの中、これは違った。
これがズドーンときました。
「今までありがとう」という思いを込めて物を処分していくのです。
これを読んでからお片づけが少しずつ前進しました。
まずは本当に必要な物だけを残す。
古来からの教えも、一般常識も、一旦、それって自分の為にあっているかな?とリセットしてみました。
『物や神やもったいないオバケの為』じゃなく、まずは『自分の為』でいいですよねもぐもぐ
、、、続く。

ADHD子供の頃の呼び名

名は形を表す』と言います。

 

 

それって、あだ名とか、ふとした呼び名とかも入るのではないでしょうか。

 

見た目がもちもちしていたら、「もっち」って呼んでもらえそうですよね。

 

 

ADHDと自分も親も誰も知らなかった子供時代。

 

基本は名前を呼びやすくしたものなのですが。

 

たまに別の呼び名が入ります。

 

『女番長』

 

『凶暴女』

 

『ジャイアン』

 

。。。

 

まぁ、この三つの呼び名だけでどんな小学生だったかわかりますよね。

 

さて、中学に入ってから。

 

上の呼び名で呼ばれるこ事が無くなりました。

 

 

きっかけは、小学6年生の時に、同じ学年で一番大きい子と廊下でタイマン勝負をしたのです。

 

当時私は背が前から数えた方が早ほどの超おチビ。

 

相手は小学生なのに担任の先生より大きい。

 

確実に子供料金で電車に乗れないタイプです。

 

相手とは頭二つ分ほど違っていたはずです。

 

結構な激しい戦いだったと気がします。

 

最終的に保健室に二人とも連行され、話し合いをさせられ、親も出てきました。

 

そこで、『もう、暴れるのは、やめようかな』と悟りました。

 

 

そこから私は、むやみにスライディングキックで無抵抗な人に攻撃したり、

 

怒って椅子や机を投げたりする事をしなくなりました。

 

『衝動性』が強いんですよね。

 

『衝動性』自体は残っていますが、喧嘩はやめようと、『学習』しました。

 

 

 

なので、中学に入ってからは

 

『女番長』『凶暴女』『ジャイアン』

 

この呼び名で呼ばれる事はありませんでした。

 

同じ小学校だった子からは私がむやみに暴れなくなったので驚いていました。

 

 

中学に入ってからは、たまに呼ばれる呼び名は、

 

『人間ミシン』『美術5』

 

芸術科目がすごく飛び抜けて得意だったのです。

 

良いところが、ちゃんと目立つようになりました。

 

先生にもよく『真面目だから』と言われるように。

 

ただ、『おっちょこちょい』とも言われ続けます。

 

ADHDの『不注意』ですね。

 

 

『不注意優勢』の『多動』の少ない ADHDなのです。

 

診断が出たのは大人になってからですが。

 

診断が出てからは、自分の『取り扱い説明書』ができたようで、

 

前よりは『どうしたらいいか』が考えやすくなりました。

 

また、困った症状、『不注意』や『あれやったら、これ忘れる』は、

 

心の状態で幅が変わることを実感しました。

 

 

ココロを安定させて、ゼロにはならないけど、落ち着いて自分をコントロール。

 

そんな事をこのブログでお知らせしようかなと思います。

 

興味を持った方は他のブログも見てみてくださいね^^