日本生まれのヒーリング。(臼井靈氣療法)
手でお体に触れてエネルギーを調整します。
医療用グローブを使用します。
古来の『山は神様,天の神,八百万の神』の古神道を元に生まれた癒しの術です。
イギリス、カナダ等では病院で代替医療として保険適用がされており、海外では認知度の高い施術です。

海軍を中心に広がる
元々日本の海軍の軍医や大佐の周囲で広く広まり、戦中活躍していました。
しかし戦後のGHQの医療統合政策によって西洋医学以外の医療は淘汰され、その際に例外なく霊気療法も弾圧、禁止の対象となり中心の団体は活動を消されてしまいました。

ハワイで継承され世界へ広まる
ハワイにて伝承されていた物が『Reiki』として世界で成長し、愛され医療現場で活躍していました。
そして、世界を巡って、世界の文化に触れて成長したレイキが20年前に日本にレイキが戻ってきて再び広がり始めたのです。

日本ではレイキは伝承されなかったと思われていた。
純粋な日本でのレイキは淘汰され継承されなかったと思われていました。
しかし、2003年、親から子への『家庭での療法』として純粋なレイキが継がれている家系がある事が分かったのです。

直弟子林先生からの継承
臼井氏の直弟子であり、海軍の軍医、大佐であった林忠次郎氏によって伝承された家系が見つかったのです。

世界と日本の良さを。
現在、日本で行われているレイキヒーリングの99%が海外からの逆輸入です。
海外を回って沢山の文化や思想に触れて思わぬ進化をした一方、
その際に解釈や方法、概念がが変わってしまったところもあります。
海外を回って進化したレイキを学び、良さを知り。
海外を回らず、古神道の思想等が残っている本来の純粋な直伝の霊氣を、京都に赴き伝授して頂きました。

日本と世界の良さで、癒されにいらして下さいませ。